組積工事及び外壁工事一式

建設現場における組積工事及び外壁工事一式を行っており、その中でもALC・アスロックといった特殊な外壁材工事を専門としております。

新潟県内のビルやマンション、公共施設、ショッピングモールといった比較的大規模な現場での施工がメインです。

クレーンやウィンチで外壁パネルを吊り上げたり、金物・パネルを取り付けるための溶接作業、高所作業車を使用した作業など、様々な技術と経験が必要な仕事となります。

現在の建築において、必要不可欠な仕事とも言えます。

外壁材(ALC)

ALCパネルとは

ALCパネルとは、”Autoclaved Lightweight aerated Concreteパネル”の略です。特徴としては軽量性、耐火性、断熱性に優れた性能があります。

主に厚形パネルと薄形パネルの二つに分けられており、鉄骨造の高層ビルや工場から木造の一般住宅など、様々な用途に応じて使い分けができます。

近年、外壁工事の主力として使用されています。

外壁材(ALC)

ECPパネルとは

ECP板とは、”Extruded Cement Panel板”の略です。特徴としては力学的性能、耐久性能、耐火性能、耐震性能に優れた性能があります。

主に建築物の外壁や間仕切壁に使用され、またプレハブ住宅の床材などにも使用できます。

塗装仕上げやタイル仕上げに適しているので、設計者のイメージ通りの建物を創りやすいということで活用されています。

外壁材(ALC)

作業工程の流れ

幅広い現場での施工のため、大小様々のALCパネルを取り扱います。分からない方が多いと思いますので、その作業手順を簡単に説明します。未経験の方は、ぜひ一度ご参考ください。

打ち合わせ

現場に入る前の打ち合わせを行います。

現場を管理している建設会社と、図面を確認しながら細かい施工内容・施工順などを決める打ち合わせになります。

現状や進行具合、スペースの有無などを目で確認し、施工開始の準備を行います

※ビルやマンションなどの施工がほとんどのため、現場は高所になります。

外壁材(ALC)
次へ

②現場に入る

現場に入ります。実際の現場状況や進行具合を目で確認し、施工開始の準備を行います。準備が整ったら、施工開始です!

1.下地金物の溶接

2.外壁パネル・床材の取り付け

という順番で作業を進めていきます。

外壁材(ALC)
次へ

③仕上げ作業

最後の仕上げ作業です。取付の前に各金物の取付をしておき、ウィンチ等を使ってパネルの取付を行ないます。取付の終わったパネルに必要に応じてシーリング、塗装を施して完成です。

外壁工事は見た目も重要です!シーリングで隙間を埋め、「キレイな仕上がり」と言われるように作業していきます。

外壁材(ALC)
次へ

④お引渡し

ALCパネルを取り付けた後、パネル同士の隙間を埋めるためシーリング作業も行います。

シーリング工事をすることで、隙間からの侵食を防ぎ、建物を長持ちさせるというメリットもあります。施工完了後、お引渡しとなります。

外壁材(ALC)